アイスクリームコーン・ソフトクリームコーン [ローフード]
 
浸水時間(短縮OK)
調理時間
合計時間
 
*このレシピは日本のカップ計量に換算してあります。アメリカ在住の方は英語版のレシピの計量をご覧ください。
著者:
料理分野: ローフード、ヴィーガン(ビーガン)、グルテンフリー
分量(何人分): 6
材料
ケルプヌードルの下準備用
  • 重曹 大さじ1
  • たっぷりのお湯
アイスクリームコーン・ソフトクリームコーン
  • ヤングココナッツの実(冷凍のものをお使いの場合は解凍する) 2⅓カップ
  • ケルプヌードル 1カップ強
  • メープルシロップ 大さじ2+小さじ1
  • バニラエッセンス(あればノンアルコールのもの)小さじ1¼
  • 塩 小さじ1/4
作り方
ケルプヌードルの下準備
  1. 大きいボウルにケルプヌードルを入れてたっぷりのお湯にひたひたに浸す。重曹を大さじ1入れてよく混ぜ、麺が柔らかくなるまで約2時間程室温におく。
  2. 麺を手に取ってみてシラタキのように柔らかくなったら浸水完了。よく洗い流して水切りする。
アイスクリームコーン
  1. ミキサーに全ての材料を加えて滑らかな厚ぼったいパテのような生地になるまで攪拌する。Vitamixをお使いの場合はタンパーも使って撹拌する。普通のミキサーをお使いで水分が少な過ぎてうまく攪拌できない場合は少量の水を加えて(滑らかに撹拌するのに必要最低限の量だけに留める)撹拌する。
  2. ディハイドレーター(食品乾燥機)のトレイにメッシュシート、シリコンシートを敷き、スパチュラを使って生地を約5ミリの厚さの円形にのばす。円形の大きさはお好みで調節する。写真では直径16〜17センチ程度にしてあり、この大きさだとアイスクリームコーン約6つ分になる。
  3. *この時1/8カップ程度生地を残しておいて冷蔵庫で保管する。これは後々生地をコーン状に丸める時に糊代わりに使う。
  4. トレイをディハイドレーターに入れて46℃で約2時間、生地の表面が乾くまで乾かす。
  5. 生地の表面が乾いたらトレイを取り出して裏返しにする。裏返しにするには、使っていないディハイドレーターのトレイにメッシュを載せて、生地が載ったトレイの上に被せる。このトレイが2枚重なった状態で、両手でトレイの両側を持ち、天地をひっくり返す。上になったトレイとメッシュを取り除き、シリコンシートを剥がす。
  6. ワッフルアイスクリームコーンの様な質感を表面に出すために、使っていないメッシュシートを生地の上に載せてハンコを押す様に表面によく押し付けて凸凹の質感をつける。ディハイドレーターにトレイを戻して更に1時間程表面を乾燥させる。
  7. 生地の表面が乾燥したら、凸凹の面が下になる様に生地を再度ひっくり返す。
  8. コーンの型を個数分作る。コーンの型は紙(写真ではコピー用紙を使用)をコーン状に丸めてセロハンテープで留めて、上の余分な長さをハサミで切り落して作る。
  9. 生地の真ん中にコーンの型を置いて生地をコーンの型に沿って丸め、冷蔵庫に取っておいた生の生地を糊代わりに端に塗って成型する。コーンの下の部分にも生の生地を少量入れてアイスクリームが溶けても下から漏れない様に穴を埋める。
  10. トレイをディハイドレーターに戻して約21時間程、カリカリに乾燥するまで乾かす。
コツ • ポイント
保存期間:密閉容器に入れて常温で保管で1ヶ月

保管中にシケてきたらディハイドレーター(食品乾燥機)に入れて46℃でカリカリになるまで再度1〜2時間乾燥させる。
Recipe by mariko sakata | ローフード、ヴィーガンレシピブログ Mariko Sakata at https://marikosakata.com/jp/raw-vegan-ice-cream-cone/