メキシカン・パクチーライムライス [ローフード]
 
浸水時間(短縮OK)
調理時間
合計時間
 
パクチーの嫌いな方はパクチーを抜いてライムライスにしてもOK! *このレシピは日本のカップ計量に換算してあります。アメリカ在住の方は英語版のレシピの計量をご覧ください。
著者:
料理分野: ローフード、ヴィーガン(ビーガン)、グルテンフリー
分量(何人分): 4-5
材料
  • ワイルドライス 1袋(227〜250gのもの)
パクチーライムクリーム
  • カシューナッツ 1カップ強
  • ライムの皮 ライム1.5個分
  • ライムの果汁 60ml(ライム約1.5個分)
  • オリーブオイル 大さじ1/2
  • リンゴ酢 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1
  • 刻んだパクチー 1/4カップ強
仕上げ
  • 刻んだパクチー 適量
作り方
イトウ・シェフのワイルドライス浸水法:
  1. ワイルドライスを浸水する前に、袋から出した乾いた状態のままフードプロセッサーに入れて、1分間つけっぱなしで撹拌する。回している間はかなりうるさいので、キッチンから一時退散しても◎。1分間撹拌し終わったら、黒い粉まみれになっている。もし粉が出ていなかったら撹拌が足りない証拠なので、ワイルドライスが粉まみれになるまでもう少し撹拌する。
  2. ワイルドライスをザルに移して、ザルの下から流れ出る水が黒から透明に変わるまで、手で軽くほぐしながら洗い流す。
  3. ワイスドライスは2.5〜3倍近く膨れるので、それを考慮した大きさのガラス瓶かボウルに入れて12時間〜18時間常温で浸水する。瓶のサイズが小さすぎたり、丈夫でないと膨張力で割れかねないので、メイソンジャーのような丈夫なガラス瓶をお持ちでない方はボウルをお使いください。ボウルには布巾を掛けて、浸水中1回水を替える。ライスが2.5〜3倍近くまで膨れたら浸水完了。*ワイルドライスの浸水が終わる2〜4時間前にライムクリーム用のカシューナッツを浸水開始すると、ワイルドライスの浸水完了とともにパクチーライムライスをすぐに作れる。
  4. ワイルドライスをザルに入れてよく洗って水切りし、ボウルに移す。
パクチーライムクリーム
  1. 浸水したカシューナッツをよく洗い流し、水切りする。
  2. ゼスターを使ってライムの皮の緑の部分を削り取る。ゼスターをお持ちでない方はライムの皮の緑の部分を薄く剥いてください。皮の白い部分は苦いので、なるべく白い部分が入らないように出来るだけ薄く皮を剥いてください。
  3. パクチー以外のライムクリームの材料と一緒にミキサーに入れて、滑らかになるまで撹拌する。Vitamixをお持ちの方はタンパーを使ってガシガシとカシューナッツを刃に押し込んで、ボテッとした厚ぼったいクリームに仕上げてください。VitamixやBlendtecのようなハイパワーミキサーをお持ちでなく、普通のミキサーをお使いの場合に水分が足りなくてうまく撹拌出来ない時は、水を少量ずつ足して、滑らかに撹拌するために必要最低限の量だけ足してください。水を入れ過ぎてクリームが緩く、水っぽくなってしまった場合はカシューナッツを足して調整してください。
仕上げ
  1. ワイルドライスにライムクリームを掛けて、ライムクリームが満遍なくワイルドライスをコーティングするまでよくかき混ぜる。刻んだパクチーを加え、均一に行き渡るように更にかき混ぜます。
  2. 仕上げに刻んだパクチーを散らす。
コツ • ポイント
ローフードの本で紹介されているワイルドライスの浸水法としては、ワイルドライスを瓶に入れて浸水し、蓋をして瓶ごとディハイドレーターに入れて43℃で半日〜1日温める方法が一般的です。ただし、この方法だと中々ワイルドライスが水を吸ってくれないので、失敗する確率が非常に高いのが難点。ご紹介したイトウ・シェフが発案されたワイルドライスの浸水方法なら毎回失敗ゼロ!イトウ・シェフはアメリカのローフード界で有名なヴィーガン・ローフードレストラン、AuLac(オーラック)を手掛けられていて、アメリカのローフード界では伝説的で大変尊敬されている方。彼がローフードのパイオニアの一人であるシェフ・ビーライブにこの方法を教え、私はシェフ・ビーライブのローフードクラスで習いました。そんな経緯で私も学んだのですが、実はローフード界でもまだまだ知られていないテクニック。シンプルですが、これなしでは成功出来ないと言っても過言ではない、もの凄く重要なステップ。なので誰かにご紹介される時は感謝と尊敬の念を込めて是非イトウ・シェフが発案されたことをお忘れなくお伝え下さいね。

そのままでも、ローのナチョスチーズソースを掛けても、サラダにのせてローナチョスチーズソースかイタリアンやバルサミコ酢のドレッシングなどを掛けても美味!多めに作っておいて、レタスのタコスタコサラダにと様々なメキシカン料理に使うのがオススメ!特にこのライスを使って作るボリューム満点なタコサラダは男性ウケも抜群!
Recipe by mariko sakata | ローフード、ヴィーガンレシピブログ Mariko Sakata at https://marikosakata.com/jp/cilantro-lime-rice/