乳製品不使用!マカロニアンドチーズ [ローフード]
 
浸水時間(短縮OK)
調理時間
合計時間
 
*このレシピは日本のカップ計量に換算してあります。アメリカ在住の方は英語版のレシピの計量をご覧ください。
著者:
料理分野: ローフード、ヴィーガン(ビーガン)、グルテンフリー
分量(何人分): 2-3
材料
乳製品不使用!チーズソース
  • カシューナッツ 1¾カップ
  • 黄色かオレンジ色のパプリカ 1個(荒く角切り)*パプリカが手に入らない場合は抜いてOK
  • ニュートリショナルイースト 大さじ3
  • ひよこ豆味噌、もしくは白味噌 小さじ1
  • レモン汁 大さじ3
  • リンゴ酢 小さじ1*
  • ターメリック ひとつまみ
  • 塩 小さじ1
  • **水 0〜60cc (必要最低限の量のみ使う)
ズッキーニマカロニ
  • 細めのズッキーニ 4本
  • オリーブオイル 少々
  • 塩 ひとつまみ
トッピング
作り方
トッピング
  1. 当日までにココナッツベーコンオニオンフラックスシードクラッカーを用意しておく。
乳製品不使用!チーズソース
  1. カシューナッツを2〜4時間浸水し、よく洗い流してから水切りする。
  2. 水以外の全ての材料をミキサーに入れて滑らかなチーズソースになるまで撹拌する。パプリカを一番先に入れておくと撹拌し易い。
  3. 水分が足りなくてうまく撹拌出来ない場合は、水を少量ずつ足して、滑らかになるまで撹拌するために必要最低限の量だけ足す。VitamixやBlendtecなどのハイパワーミキサーをお使いの場合は水を入れる必要なし。**
ズッキーニマカロニ
  1. ズッキーニのへたとお尻を切り落としてから縦半分に切り、小さいスプーンを使って断面がマカロニの様になるように中を削り取る。
  2. ズッキーニを3〜4ミリの厚さにスライスする。
  3. ボウルに移してオリーブオイルを少量掛け、塩をひとつまみ加えたら手で軽く混ぜ合わせ、15分程置く。
ディハイドレーターをお持ちの方:
  1. ズッキーニマカロニがシンナリしたらチーズソースを加えて、全てのズッキーニが完全にソースにコーティングされるまでよく混ぜ合わせる。
  2. トレイにメッシュシートとシリコンシートを敷き、マックアンドチーズを均一に広げる。トレイをディハイドレーターに入れて46℃で2〜3時間乾燥させる。
  3. マックアンドチーズが温まり、チーズソーズが濃い黄色になったら一旦トレイを取り出し、ココナッツベーコンを1/3カップ分混ぜ合わせる。器に盛ったら器ごとディハイドレーターに入れて表面のチーズソースが濃い黄色なるまで20分程乾燥させる。
  4. マックアンドチーズの表面のチーズソースが再び濃い黄色になったらディハイドレーターから取り出し、砕いたオニオンフラックスシードクラッカーと少量のココナッツベーコンをトッピングし、刻んだパセリを飾る。冷めない内にすぐにお召し上がりください。
ディハイドレーターをお持ちでない方:
  1. ズッキーニマカロニがシンナリしたらチーズソースを加えて、全てのズッキーニが完全にソースにコーティングされるまでよく混ぜ合わせる。
  2. ココナッツベーコンを1/3カップ分加えて更に混ぜたら器に盛る。
  3. 砕いたオニオンフラックスシードクラッカーと少量のココナッツベーコンをトッピングし、刻んだパセリを飾る。
コツ • ポイント
*パプリカを抜いた場合はリンゴ酢の量を小さじ2に増やしてください。又、パプリカの水分が無い分、必要な水の量が増えます。大体60cc〜100ccくらい必要になります。パプリカを抜いたチーズソースはパプリカ入りのものに比べて少しマイルドに仕上がります。

**Vitamixをお持ちの方はタンパーを使ってガシガシとカシューナッツを刃に押し込んで、滑らかなチーズソースに仕上げてください。
普通のミキサーをお使いの場合に水分が足りなくてうまく撹拌出来ない場合は、水を大さじ1ずつ足して、滑らかに撹拌するために必要最低限の量だけ足してください。

保存期間:冷蔵保存で2日間

ズッキーニマカロニの代わりに普通のマカロニも代用可能。ローではなくなりますが絶品ヴィーガン(ビーガン)マカロニアンドチーズを楽しめます。
Recipe by mariko sakata | ローフード、ヴィーガンレシピブログ Mariko Sakata at https://marikosakata.com/jp/raw-vegan-macaroni-and-cheese/