キムチクリームパスタ [ローフード]
 
浸水時間(短縮OK)
調理時間
合計時間
 
*このレシピは日本のカップ計量に換算してあります。アメリカ在住の方は英語版のレシピの計量をご覧ください。
著者:
料理分野: ローフード、ヴィーガン(ビーガン)、グルテンフリー
分量(何人分): 2-3
材料
キムチクリームソース
  • カシューナッツ 1カップ強
  • キムチ 3/4カップ強
  • キムチ汁 小さじ2
  • グルテンフリーの溜まり醤油、もしくは生醤油 小さじ1/2
  • レモン汁 大さじ4
  • ごま油 小さじ1½
  • 塩 小さじ1/2
  • 胡椒 少々
ズッキーニパスタ
  • ズッキーニ 680g(約3〜6本)
  • ごま油 少々
  • 塩 ひとつまみ
仕上げ用
  • キムチ(パスタに混ぜ入れる用) 1/4カップ強
  • キムチ(トッピング用) 適量
  • 刻みネギかアサツキ 適量
  • 刻み海苔 適量
作り方
キムチクリームソース
  1. カシューナッツを2〜4時間浸水し、よく洗い流してから水切りする。
  2. キムチクリームソースの材料をミキサーに入れて滑らかなクリームになるまで撹拌する。Vitamixをお持ちの方はタンパーを使いながら撹拌する。普通のミキサーをお使いで水分が足りなくて撹拌しづらい場合は、滑らかなクリーム状に撹拌するのに必要最低限の量の水を足す。ここで水を足し過ぎるとクリームが緩くなり過ぎるので要注意。
ズッキー二パスタ
回転式千切り器をお持ちの場合:
  1. 千切り用の小さい方の刃をセットする。ズッキーニのへたとおしりを包丁で切り落とし、ズッキーニの頭の方の切り口を円形の金属部分に突き刺す。この時ズッキーニーの切り口の中心に円形の金属部分が刺さる様にする。
  2. ズッキーニがテーブルと平行に真っすぐ平らになる様に位置を確認してから、右の取っ手のスパイクでズッキーニのお尻を突き刺す。
  3. 片手でスパイラライザーが安定する様に抑えながら、右の取っ手をクルクルと回し、麺を作る。
  4. 出来上がった麺は長過ぎるので、包丁で食べ易い長さにカットする。
  5. パスタをボウルに移し、ごま油と塩を加えてよく混ぜ合わせ、2〜3分置く。
スライサーを使う場合:
  1. ズッキーニのへたとおしりを包丁で切り落とし、スライサーで1ミリ位の厚さにスライスする。
  2. スライスし終わったら、ズッキーニのスライスを重ねて、麺の太さに包丁で切る。フェトチー二の様に少しだけ太めに切ると、あとで麺が切れにくい。
  3. パスタをボウルに移し、ごま油と塩を加えてよく混ぜ合わせ、2〜3分置く。
仕上げ
  1. ズッキーニパスタとキムチクリームソースを混ぜる前に仕上げに必要な材料を揃えておく。パスタに混ぜ入れる用のキムチを荒くザク切りにし、仕上げ用の刻み海苔、刻みネギかアサツキを用意する。
  2. 召し上がる直前にキムチクリームソースとズッキーニパスタを絡めて、パスタがしっかりソースにコーティングされるまでよく混ぜ合わせる。
  3. 刻んだキムチを加えて軽く和えたら器に盛る。
  4. 仕上げにトッピング用のキムチ、刻みネギかアサツキ、刻み海苔を飾る。
コツ • ポイント
写真用には黄色いズッキーニを使用していますが、普通の緑のズッキーニを使ってもOK。

ソースと絡めたズッキーニパスタはソースの塩分により時間とともに水分が出るので、完成してから召し上がるまで時間を置くようなら、ソースを絡めるのは召し上がる直前までお待ちください。完成したらすぐに召し上がり下さい。

*発酵食品を普段食べ慣れていない方はキムチの量を減らしてください。食べ慣れていない発酵食品をいきなり沢山食べてしまうと刺激が強過ぎてお腹を下してしまったりするのでご注意ください。

保存期間:密閉容器に入れて冷蔵保存で3日間
Recipe by mariko sakata | ローフード、ヴィーガンレシピブログ Mariko Sakata at https://marikosakata.com/jp/raw-vegan-kimchi-cream-pasta/