キムチリゾット [ローフード]
 
浸水時間(短縮OK)
調理時間
合計時間
 
*このレシピは日本のカップ計量に換算してあります。アメリカ在住の方は英語版のレシピの計量をご覧ください。
著者:
料理分野: ローフード、ヴィーガン(ビーガン)、グルテンフリー
分量(何人分): 4-5
材料
  • ワイルドライス 1袋(227〜250gのもの)
  • 刻みネギ 大さじ2
  • キムチ(ざく切り) 1/4〜1/2カップ強
キムチソース
  • カシューナッツ 1カップ強
  • キムチ 3/4カップ強
  • キムチ汁(あれば) 小さじ2
  • コチジャン 小さじ1
  • レモン汁 大さじ2
  • メープルシロップ 小さじ1/2
  • ごま油 小さじ1½
  • グルテンフリーの溜まり醤油、もしくは生醤油 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1/8
  • 胡椒 少々
仕上げ用
  • キムチ(お好みで) 適量
  • 刻みネギ、もしくはアサツキ(お好みで) 少々
  • 刻み海苔(お好みで) 少々
  • 胡麻(お好みで) 少々
  • 糸唐辛子(お好みで)少々
作り方
下準備:イトウ・シェフのワイルドライス浸水法
  1. ワイルドライスを浸水する前に、袋から出した乾いた状態のままフードプロセッサーに入れて、1分間つけっぱなしで撹拌する。回している間はかなりうるさいので、キッチンから一時退散しても◎。1分間撹拌し終わったら、黒い粉まみれになっている。もし粉が出ていなかったら撹拌が足りない証拠なので、ワイルドライスが粉まみれになるまでもう少し撹拌する。
  2. ワイルドライスをザルに移して、ザルの下から流れ出る水が黒から透明に変わるまで、手で軽くほぐしながら洗い流す。
  3. ワイスドライスは2.5〜3倍近く膨れるので、それを考慮した大きさのガラス瓶かボウルに入れて12時間〜18時間常温で浸水する。瓶のサイズが小さすぎたり、丈夫でないと膨張力で割れかねないので、メイソンジャーのような丈夫なガラス瓶をお持ちでない方はボウルをお使いください。ボウルには布巾を掛けて、浸水中1回水を替える。ライスが2.5〜3倍近くまで膨れたら浸水完了。*ワイルドライスの浸水が終わる2〜4時間前にキムチソース用のカシューナッツを浸水開始すると、ワイルドライスの浸水完了とともにリゾットをすぐに作れて段取りが良い。
  4. ワイルドライスをザルに入れてよく洗って水切りする。
キムチリゾット
  1. カシューナッツを2〜4時間浸水後、よく洗い流し、水切りする。
  2. キムチクリームの材料をミキサーに入れて、滑らかになるまで撹拌する。Vitamixをお持ちの方はタンパーを使ってガシガシとカシューナッツを刃に押し込んで、滑らかなクリームに仕上げてください。 普通のミキサーをお使いの場合に水分が足りなくてうまく撹拌出来ない時は、水を更に少量ずつ足して、滑らかに撹拌するために必要最低限の量だけ足してください。水を入れ過ぎてしまった場合はカシューナッツを足して調整してください。
  3. ワイルドライスを大きめのボウルに移し、キムチソースを加えてよく混ぜ合わせる。
  4. ワイルドライスが全体的にキムチクリームにコーティングされたら、刻んだキムチとネギを加えて軽く混ぜ合わせる。
  5. ボウルにラップをして2時間ほど冷蔵庫で冷やす。*作り立ては味が少し薄めですが、時間とともにワイルドライスが水分を吸って味が染み込んで濃くなるので時間をおいてから盛り付けに入ってください。
  6. ディハイドレーター(食品乾燥機)をお持ちの方:冷蔵庫で冷やさずに、ディハイドレーターで温める。ディハイドレーターのトレイにメッシュシート、シリコンシートを敷き、リゾットを均一に広げ、46℃で約2時間乾燥させる。乾燥し終わったら、器に盛る前にリゾットを再度混ぜる。
  7. 器に盛り、仕上げにお好みでキムチ、刻みネギ、刻み海苔、胡麻を飾る。
コツ • ポイント
密閉容器に入れて保存する。
保存期間:冷蔵保存で4日間
Recipe by mariko sakata | ローフード、ヴィーガンレシピブログ Mariko Sakata at https://marikosakata.com/jp/raw-vegan-kimchi-risotto/