自家製アーモンドバター [ローフード]
 
浸水時間(短縮OK)
調理時間
合計時間
 
*もしお手持ちのフードプロセッサーがあまり性能の良いものでないと、長時間の撹拌によってオーバーヒートして壊れてしまう可能性もあるので、その場合はこのレシピはお勧めできません。ミキサーでも代用可能ですが、フードプロセッサーよりもグレープシードオイルの量を増やす必要があるでしょう。
著者:
料理分野: ローフード、ヴィーガン(ビーガン)、グルテンフリー
分量(何人分): 10
材料
  • 生アーモンド 3カップ
  • グレープシードオイル 大さじ1〜2(浸水後に乾燥した生アーモンドをお使いの場合は量を大さじ3〜4 お好みで調節してください)
  • 塩(お好みで) 少々
作り方
  1. 生アーモンドを袋から出した乾いた状態でフードプロセッサーに入れて、バター状になるまで10分〜15分間撹拌する。途中何回か止めて、側面に付いたアーモンドの削りカスをヘラで下に戻しす。最初はアーモンドが粉々になり、それからアーモンドの油分が段々出てきてくっついてきてボール状になり、その後厚ぼったいペースト状のアーモンドバターに仕上がる。この時点で一旦フードプロセッサーを止めて、お好みで塩、少し緩くしてのばしたい場合はグレープシードオイルを加えて滑らかになるまで更に撹拌する。
コツ • ポイント
*ディハイドレーター(食品乾燥機)をお持ちの方でアーモンドを事前に浸水されたい場合:
ナッツバターやシードバターを作る場合、そのまま浸水せずにナッツや種を使用してもフードプロセッサーの撹拌の作用とモーターから発せられる熱で酵素抑制物質は破壊されると考えられています。もしディハイドレーターをお持ちでアーモンド浸水されたい方はアーモンドを8時間浸水し、よく洗い流し、水切りしてください。ディハイドレーターのトレイにメッシュシートを敷いて、その上にアーモンドを均一の厚さに広げ、46℃で12〜24時間、カラカラに乾くまで乾燥させてからこのレシピに使ってください。ただし、浸水してから乾燥させたアーモンドは浸水の工程でアーモンドの油分が水に流れ出ているため浸水していない生アーモンドより油分が少なくなっています。そのため、浸水していない生アーモンドで作るアーモンドバターよりドライな仕上がりになるので仕上げに足すグレープシードオイルの量がより多く必要となります。

*甘く味付けされたい場合はメープルシロップをお好みで足してください。

密閉容器に入れて冷蔵庫で保存する。保存期間:約1ヶ月
Recipe by mariko sakata | ローフード、ヴィーガンレシピブログ Mariko Sakata at https://marikosakata.com/jp/raw-vegan-almond-butter/